お問い合わせ

著書の紹介

Autodesk Revit ではじめるBIM実践入門

Autodesk Revit ではじめるBIM実践入門

BIM(Building Information Modeling)は、材質や管理情報などの属性データを追加した3Dモデルを作成し、建物の設計から施工、維持管理まで活用していく手法で、日本でも導入が進んでいます。本書は、これまで2D CADで作図していた人がスムーズにBIMを導入できるように、Autodesk社のRevitを使って、平面図を2Dでの作図も併用した簡易な方法で思い通りに作図する方法を紹介しています。これからBIMを導入したいという方におすすめです。

この本でRevitをゼロから学んでいく過程を、建築系YouTuber二上 祥(ふたかみ しょう)さんが、自身のYouTube(BIM CHANNEL) で詳細に紹介されています。

正誤表(pdf)ダウンロードはこちらから

本書では平面図作成を目的として進めていますので3Dモデルとしては中途半端な状態で終わっています。
そのデータに、スラブや梁などを入れて3Dモデルとして完成させたRevitデータを作成しました。
ダウンロードはこちらから

SketchUp ベストテクニック100

SketchUp ベストテクニック100

3Dモデリングソフト「SketchUp」の基本操作を習得したユーザーを対象に、 効率の良い操作方法やモデリングの自由度を高めるプラグイン、 初級者がぶつかるさまざまな疑問に答えるようなテクニックを厳選して紹介しています。

作って覚える SketchUpの一番わかりやすい本

作って覚える SketchUpの一番わかりやすい本

作りながら学べる! SketchUpの入門書

3Dモデリングソフト「SketchUp」の操作入門書です。SketchUpは、設計の初期段階で完成イメージの作成によく使われています。本書は、SketchUpの使い方を知りたい人向けに、実際の建物の3Dモデルを作りながら、SketchUpの操作方法をやさしく解説します。